左右の違いを感じられない?

みなさん、こんにちは!
和みのさやかです!

先日、オンライン和みにご参加頂いて方から正直で本心でお伝え頂いたことに感動したことをシェアさせて頂きます。
わたしの和みのヨーガでは、最後に簡単なご感想や感じたことをお一人ひとりシェア頂きます。
なぜ、こんなことをしているのかというと・・・・ご自身の身体で感じたことを言語化で伝えることでご自身が一番認識できるからです。

和みのヨーガをすると、ゆるんで眠くなってしまって『早く、終わって布団に入りたい(笑)』というのは
参加するとあるのですが、あえて一言お伝え頂いています!

毎回ご参加頂いている方は、『今日も気持ち良かったです♥』というご感想な方もいらっしゃいますし、
今日は忙しかったので、いつもと違ってここが痛かったです!など具体的にお伝え頂く方もいらっしゃいます。

こうやって、ご感想を話することで変化をご自身が一番感じ取ることができます。
そして私自身もおききしながら、感じ取らせて頂きながら今日はこんなことがあったのかな~と想像できることもあります。

そこで、先日素敵なご感想を頂きましたのでここでシェアさせて頂こうと思います。

もうかれこれ、1年オンライン和みに定期的に通ってくださっており
流れも把握されていて、今日は頭が硬かったです。とか
全然、集中できませんでしたなど。その時に感じたまま、あるがままをお伝え頂きます。

その日は、いつもと違っていました。
リードの途中で「左右の違いを感じ取れた方は、手を挙げてください」とおききする場面があります。

そこで、左右の違いを感じられた方も手を挙げちゃったり(無意識に)するのですが、
Tさんは違いを感じられないときは、×とお伝えください!
本当に正直に・・・。

その意思表示に、とても素敵だな~と毎回感じさせて頂くのですが・・・・。
この日の感想で更に素敵なご感想を頂きました。

Tさんは、「今日は全然、左右の違いを感じ取ることができました。それを受止めてゆったりと過ごしたいと思います。」とお伝えくださいました。

決して、左右を感じられなかったからといって焦るわけでもなく、そうだったとありのままを受け入れる。
こんな日もあるよね~といった感じで受け入れる。

これって本当大事なことだな~と改めて感じさせて頂いた場面でした。

和みのヨーガは、身体のバランスを整える「副交感神経」が優位になっていたら、「交感神経」を働かせてバランスをとるようになっています。
だから、左右の違いを感じられるケースが多いのですが・・・。
例えば、和みのヨーガ最中に別のことに氣をとられてしまっていたり、大きなバランスの崩れがなくて大丈夫だったり、逆に神経を使いすぎて感じられなかったりと様々なケースがあります。

そういった様々なケースがある中で、それに一喜一憂することなく
淡々といつもと変わらず手当(和みのヨーガ)を続ける

手当でバランスを整えていなかったら、過労で倒れたり、何か身体や心にバランスを崩れていますよ~とお知らせがやってきたりいたします。

だからこそ、自分に意識を向けるという時間を取るということだけで大切だったりいたします♥
和みのヨーガは、効果という風にはお伝えしておりませんが
頭痛薬を飲んでいた方が、和みのヨーガをしてからというもの頭痛薬を飲まなくてよくなったり
ずーっと膝が痛いと言っていた方が、ピタリと痛みがなくなったり

奇跡がたくさん起こっています!

シンプルな動きだけれども、効果はパワフル

だからこそ、左右の違いを感じられなかったとしても自分自身のことを実感して頂いて
あとはゆったりと過ごして頂くことが大切だと思っています。

一人で感動してしまったので、こちらでシェアさせて頂きました♥
どうぞ、ご自身の身体をご自愛くださいませ^^

おすすめの記事