こんばんは!和みのさやかです!

先日よりオンライン和みのヨーガにご参加頂いた方より素敵なご質問とシェアを頂きましたので
ここで記載させて頂きます。
きっと同じことで悩んでいらっしゃる方もいるかと思いますので♥
ご一読頂けたらと思います!

改めて感じたことは私たち自分自身の治癒力は偉大!ってことです^^

【ご質問】

先週、今週と2回続けて参加させていただいて、
先週、初めて参加する前は、
左肩〜左肩甲骨がずっと痛くて、
もう1年くらい痛みが取れずにいました。
自分でほぐしても、
鍼に行っても、
整体に行っても変わらなかったので
半ば諦めていました。
それが、初めての和みのヨーガで、
左肩の痛みはびっくりするほどなくなったのですが、
その後、数日経過してから、
同じような痛みが今度は右肩〜右肩甲骨周りに移動してきました。
なので、昨夜は右肩〜右肩甲骨周りが痛かったのですが、
和みのヨーガを終えて朝になったら、右肩の痛みが無くなっていて、今度は今また左肩に痛みが移動しています。
でも今の左肩は
昔ほど強い痛みではない感じがします。
肩の痛みが腰や足から来ていたり、
体は部分で存在していなくて
すべて繋がっているから、
連動して浮上することがあるのだとは思いますが、
もしかすると全く関係のない新しい痛みが出ているだけなのか?
それとも何か同じものがあちこちに移動しながら、
いずれ小さくなっていくものなのか?
なんだか自分のからだで起きていることに興味があって、
もしさやちゃんがわかることがあったら
是非教えていただきたいと思いました。

せっかく治ったのに、今度は別のところと言うとがっかりいたしますよね><
そして、、、ご質問頂いた方は、ご自身の身体と向き合ってくださって、なぜ?と
疑問をもってくださっていました!
実は・・・この痛みの移動は良き流れの前触れだったのです!

【創始者ガンダーリ先生のご回答】

私たちは痛みを嫌いますが 、痛みを感じることのできる身体は とても良い身体です。
痛みは、アセチルコリンという修復物質が出るので、 知覚過敏と炎症を起こし、それで痛みを感じることになるわけですが、
それは自然治癒力の働きで修復をしているという証拠なのです 。
まず最初は左肩が痛いということでしたね 。
実は痛い部分よりもその反対側の方が本当は悪くて、まだ良い方が痛みを感じる力があるのです。
なので、 左肩の方がもしかしたら鈍感になっていたのだと思います。
和みのヨーガはトータルに手当てをしますので、びっくりするほど大きな治癒力が働きます 。
鈍感で動かなかった右の方が修復する力が出てきたので痛みを感じ出したと思います。
右の修復がある程度できたので、また軽い方の左の方が 修復を始めました。
このように痛みは 移動していきます 。
和みのヨーガを行っていくと、どんどん敏感な体になっていくので 、あちこちのに痛みを感じるようになっていきます。
そして、全ての修復が終わると 歪みがなくなり、痛みもなくなっているのです。
中には10年以上前の古傷が痛み出して 消えていくという人もいます 。
例えば、股関節変形症で 一生治らないと言われた人が 、半年を過ぎた頃に自分で元に戻していたということに気がついた人もいます。
透析をしなければいけないと言われた人も 、直前で和みのヨーガに出会って回復し、しなくて済んだ人もいます。
実は、自分自身の持つ治癒力というのはものすごく偉大なのです。

創始者ガンダーリ松本先生にお答え頂きました!
私も出逢って続けて3年程が経ちますが、身体のコリや気持ちのざわめきは、和みのヨーガで
ゆるめてきました!
身体が変われば、心も変わる!

ぜひ体験してみてくださいませ♥

それでは、また^^

おすすめの記事